僕なりの コロナ鬱対策、


もうだいぶ前から気づいていましたが、今般のコロナ禍で 抑うつ状態 過緊張なり 気分を害されてる方が非常に多い様子です。

今回はその抑うつ状態を少しでも改善する 少しでもそうなるのを避ける その手法なりで僕なりに思いつくことをココに載せてみたいと思います。


世間で広く言われている様に やはりうつ病の予防は ” 脳内 腸内の セロトニン ” これが肝だと思います。  セロトニンを増やす対策としては? 睡眠をしっかりととり そして栄養! 睡眠は僕なりに気を付けていることは 寝る数時間前あたりから照明の照度を落とすことに凝っています(ウチのお風呂場はお取り寄せ10ワツト電球です!)。 栄養に関しては炭水化物を大きく減らしてタンパク質の摂取を増やすべし! これらに尽きると思うのです。  そして朝こそ日の光をタ~ップリと浴びる! あとは現実から逃げない 現実を直視すべし!だと思うのです。 あと追加で蛇足としてはアルコールの摂取量を減らすべし こいつはいの一番に分解解毒が必要でありましてその作業は長時間に及び 結構エネルギーが消耗されちゃうそうです。

今まで散々述べているけど茶の間のテレビはダメっ! 海外発の情報に注目すべし!  但し 情報には嘘だの誇張脚色だの星の数ほどに多いので 膨大な情報の中でどれを選択するか これが重要だと思うのです。


えっ? なんだか話が抽象的過ぎて分からないですって?  それでは一番マズイ流れを載せてみましょう。

● 日長一日じゅう無料で入ってくる情報はテレビのワイドショーを毎日毎日永遠と見続けて、
● コストパフォーマンスに一番優れた炭水化物をメインとした食を毎日毎日食べ続けて、
● 長く厳しい仕事の後の唯一の自由時間は深夜にダラダラと過ごして 連日来る日も来る日も夜更かしをして 朝の日の光は短時間しか浴びず、
● ほんの1ミリでも嫌な話 嫌な話を常に避け 避けて避けて避け続けて触れず 挙句はそんな嫌なことを発する機関なりの悪口を言う・・・

こんなあたりなのかな? 以上上記これらをやり続けていれば 確実に”コロナ鬱”になってしまうと思うのです。

僕は心理士でもないし精神科医でもないけれども どうもこんなあたりではないのかな? と 前々から勝手に想像し続けております。


今、全世界で起きていることは確かに衝撃的かつ今までに無い事態です。 んんだもの コロナ鬱になろうが 気分が悪くなろうが 全然恥でもなんでもありませんよっ!   ただ 上記悪い例の列挙よろしくをやり続けてしまい更に気分を害する方々が増えないことを願うばかりなのです。




あっ! 上記列挙した悪い流れ、これらの完全に逆を行っている 対抑うつ対策にあって極めて優秀な面々を発見しましたよっ!

● テレビのワイドショー関心ゼロ 1秒たりとも生涯を通して観たことがアリマセン!
● 食はたんぱく質メイン! おまけに超減塩食、考え抜かれたビタミンやミネラルも加わった完全食しか食べていません!
● 朝でも昼でも夜ならなおさら! ”気分が向いたら寝るっ!” 毎日毎日1年じゅう 気の向くままに寝ることがまるで仕事みたいです! そして日の出とともに起き出して 朝はお外などで駆けずりまわっております。
● めったにその機会はありませんけど、心の底から本当に嫌な事と感じる事態に直面したら 瞬時に果敢にそれに全力で立ち向かい 全勢力で対応にあたります! ”ガオ~っ!” 


そうなのです! その面々とは・・・?


その面々とは? ウチのワンコ達です(笑)!



ちなみにワンコ達は体温高め 常時38度以上はあるそうでして、全世界でもコロナの感染発症例はほとんど無いそうです。

Follow me!

前の記事

うんざりする程細か過ぎ、

次の記事

相手は ”科学” です、