シンちゃん逝く、

日曜日の晩まで元気爆発だったシンちゃん。 翌月曜の朝 突如元気が無く 朝一番で獣医さんの所へ行くも診察台の上で僕の握る大きな前足がドンドン冷たくなり アッという間に虹の橋を渡りお星さまとなってしまいました。

シンちゃんの出身施設の方々曰く ”シェパードってほんとに飼い主さんベ~ッタリな犬種なんですよっ” の そのお話の通りで、お外でツンデレさんな真逆で 家の中では人間ベ~ッタリ 常に人間の後をついて動き続けるもの凄~く甘えん坊さんなワンコでした。


5歳と言う若さでの急逝、でもその5年間がまるで10年か20年ぐらいな長さに感じる盛りだくさんな時間でありました。 亡くなった原因は大型犬に多い”胃捻転”だそうです あまりに突然急激なコトでした。 単なるたんぱく質の塊と化してオウチに帰ってきたシンちゃんはもうシンちゃんではありませんでした。


火曜日の朝、毎年耕している畑の片隅に巨大な深~い穴を掘りました。 カミさんと もうシンちゃんではなくなった抜け殻を埋葬しました。 今まで沢山のイロイロな動物をペットとして飼い続け 最後の別れを何度も何度も それこそ何度も体験してきましたが シンちゃん程 人間との距離が近いペットは居なかった!


埋葬のために土を掘っている時 何故かこの歌がガンガンと脳内でリピートしていました。 シンちゃんとの出会いはまさに奇跡だったんだなっ。 

いのちの歌


いつもチョロチョロ僕の後ばかり付いてきていた巨大な生き物が突如居ません、あまりにも急であり ぶっちゃけ正直言って今 ”喪失感がハンパない” のです。 

Follow me!

前の記事

昨日 日曜日は、

次の記事

シンちゃん 亡き後、