シンちゃん 亡き後、


シンちゃんとのお別れがあまりにも急で しばらくココの更新をお休みさせて頂いておりました。

草原を進む サンちゃん(奥)と 今は亡きシンちゃん(手前)。



シンちゃん亡き後 イロイロと情報収集してみましたが、
得られる範疇で ジャーマンシェパード関連のお話を リアルに またネット上で伺ってみると、 

どうも? ウチに居たシンちゃんは 超別格な 感度が抜群良すぎな 活発も活発も活発過ぎる 超ハイパー犬だった 模様です。 

(それが証拠に ウチにある数々の大会出場の賞状にトロフィーの数が半端ないっ。)




シンちゃんが月曜の朝 急に別世界へ行って数日間は、 ツンデレな彼の屋外行動とは違って 僕がトイレに入ればトイレの戸の外で待機、僕が2階にモノを取りに行けば後を追って2階へダッシュ、 僕がお外は向かいの駐車場の整備を始めれば母屋の2階へ上がって窓から僕を監視で 駐車場から母屋へ戻ると玄関へ猛ダッシュ・・・ 常に人間べ~ったりな完全にストーカーな屋内での行動続きだったシンちゃん、 それゆえに喪失感がハンパなかったのですが・・・・・


この週末になってハタと強烈に実感しているコト! それは?   

精神的な喪失感ダメージに反して 僕の体の疲れが全然軽減! 体が超疲れていないっ!

今迄の5年間、 散歩に行く気配を察するや階段を猛ダッシュで上り下り繰り返して雄たけび声で吠えまくり やっと外に出れば出たで囲った庭や駐車場で散々駆けずり回り それからやっと平日は1時間 休日などは2時間越えの散歩・・・ また 屋内にあっても上記ストーカー行為で それはペットだからイイけれど 屋内でもドカドカ大きな音をたてて走り回り ワンワンワンワン大声をいちいちあげていた騒然とした日常・・・  そんな日々に知らず知らずのうちに僕は疲れていたのかもしれません。


今迄何も感じなかったのに 最近 テレビやチラシ広告の 例えばラーメンとかかつ丼とかの映像を見て ”あっ! 何だか旨そうだな?” と感じる様になりました。 自分でも不思議なのですが 長年来 再び な事です。 この5年間 ハイパー犬を相手に疲れていたのかな? とにかく今 体がやわらかい とにかく体の硬さが抜けた感じです。


精神的喪失感がハンパなく さすがに先の木曜定休日は乗馬のレッスンはキャンセルさせて頂きましたが 日曜日は炎天下の中 乗馬をタ~ップリと何と2種類のお馬さんに乗りました。 いつも体が硬いっ!と言われてたのに ”岩本さん 今日はやわらかくよく乗れてますね~ イイですね~” だとか・・・  あのシンちゃん相手に体がいつもいつもカチカチだったのかな??  ワンコと違ってこちらの方は別に僕が飼っているワケではありませんが お馬さんも とってもカワイイんですよねっ。



最近は 今迄カミさんがしていた御年10歳のゴールデンはサンちゃんのお散歩を 僕がします。 シンちゃんの散歩距離に比したら10分の1程でしょうか、トボトボ トボトボと とてつもなくゆっくりと歩きます。   サンちゃんとのお散歩って・・・ 完全に体力消耗ゼロ! 何なんだこれっ!? まさにそんな感覚です。 ブッチャけ正直言って かなり物足りないです。 そしてサンちゃんはもう10歳 人間で言うと75歳ぐらいなのかな?  さあ? これからどうしたらいいのかな?


まだまだシンちゃん急逝のショックは完全には癒えてはいなさそうですが 家族一同で ”シンちゃん あんなオバカなコト してたっけな~っ!” なんて~話が出て 笑いも誘う場面も出始めている最近です。  

ペット最高! シンちゃん 楽しかったよっ! シンちゃん ありがとう!




Follow me!