停電下での本格的歯科診療、

水曜日最後の患者さんは 上顎右側第一大臼歯の麻酔抜髄が必要な症例でした。

さあっ 局所麻酔が必要だっ! と なった時点で停電。

電池稼働のLEDランタンの明かりのもとで局所麻酔を実施して 麻酔が効くまでの間に 昨年3月ごろ海運物流停滞情報に接して 2組用意しておいた大容量バッテリーと交流変換機のうち1組を診察場に出動! コントロールボックスを開けて診療台イスの電源に接続・・・   圧縮空気製造のコンプレッサーは稼働できずとも限られた圧縮空気の節約をしつつ歯の切削を行い 後は電動の電気エンジンで処置、水流は途絶えず超音波振動での術野の清掃も行え 根管長測定器は電池稼働で問題なし 歯髄の除去及び根管拡大清掃を難なくこなすことが出来ました。

お外は漆黒の闇で 明かりがあり活動してるのは世の中でこの診察台だけみたい。 アレは使える コレはダメだっ 瞬時に判断しながら黙々と診療行為を続ける・・・・・     何だか映画かドラマに出てきそうな展開な場面でもありましたが  ドラマでも映画でもない実なリアルな現場・・・ 心を落ち着かせ 冷静に処置が出来て何よりでありました。


今 診療も終わり 水シャワーで頭シャンプーなお風呂に入って 水曜日午後11時半です 3時間以上も経っているのにまだ停電です!  冷蔵庫は これも大停電に備えて購入はチト高価だったけど高性能な保冷剤が入っているので大丈夫でしょう。    今 上記2組電源セットのうち1組を利用して スマホではなく でっかい画面のパソコンとネット環境はバッチリ稼働してでのコレを投稿しております。   元々電力が足りずで現場は大騒ぎしていたのにテレビでは流さず・・・ 単なる落雷停電だけでもないんじゃ~ないのかな??  やっぱりねっ! テレビはヤバイことは流さずなんだよねっ! 勝手に自分が予測して準備しておいたシステムが今回は大いに役立った次第です。



//////////////////////////////////////
以下は追記(木曜朝)

大容量ディープサイクルバッテリー と 大容量直流12ボルト → 交流100ボルト変換機

気候が涼しかったので使いませんでしたが 大型の扇風機や冷蔵庫を稼働させるぐらいはOK!です、歯科治療台イスの電気系統稼働に 仕事後は台所の明るい照明点灯やパソコン稼働は余裕で出来ました。 まだまだバッテリー容量に余裕はありますが朝から充電しています。 あと 朝から昨夜出来なかった診察室関連の清掃消毒作業です。  しかし昨日水曜最後の診療はまさに非常事態だった・・・ 治療台イスは普段と同じに稼働したので治療の質は普段とまったく同じで出来ましたけど。 ああゆう診療体験は30年以上歯医者してて初めてだったなっ。


 

Follow me!

前の記事

大自然の中 馬に乗る

次の記事

想像すること、