種の違いなど関係ない 癒し!

殺処分寸前な瀕死の馬が 優しいゴールデンレトリバーと触れ合い続けて 元気になった~!は こんな記事があったよっ。

https://karapaia.com/archives/52272546.html

種が違えども 何がしかをお互い感じ合っているのか?の不思議光景はこの前僕も体験しました。

それは 先代のシンちゃんが 散歩時に何故か地面を歩いているカラスちゃんに遭遇した時。  シンちゃんの活発過ぎる気性からして案の定カラスをロックオン! ドドドっとカラスのもとに行きはじめるも・・・  カラスさんは僕らをうつろな目で眺めるだけで トボトボとやっと歩いているだけな状態・・・  シンちゃんは カラスが 瀕死のもう寿命が尽きる寸前状態と分かるやいなや途端に 今度は急停止して まるで無視するかのごとく目線をそらし 見る事すら止めた・・・ あのシンちゃんが行動急停止とはもの凄く不思議な光景でした。   種が違えど 生き物動物同士で何かを感じ合っているんでしょうかねっ。

今 僕 ゴールデンレトリバーに ジャーマンシェパード そして乗馬クラブに行くと沢山のお馬さんたちに接する中 ビンビンに感じているコトは、 種は違えど 何かお互いに感じ合うコトがあって、確実に何がしかのパワーなり 癒しを頂いているのは確かな様です。、

夜だいたいいつものパターンは  僕の寝床の左側床上で ゴールデンはサンちゃんが横たわり  

右側床上に シェパードはラク君が横たわる・・・ 

彼らはただ居るだけなんですけどねっ、 そんな静かな時間こそ感じるは 何がしかのパワーなり癒しを彼らからもらっている気もするんですよねっ。


乗馬に行った時、 特に馬装(馬に鞍をつけたりする)をする時の洗い場などで 馬の首のスグ脇に静かに立って馬の体温をハッキリと感じている時など これも何だか確かなるパワーなり癒しを頂いている感もありますねっ 僕は。

種が違えど 言葉のやりとりが無くとも 言葉では表せないけど確実に何かを生き物どうしはやり取りをしている と 僕は信じるばかりです。

まっ でもねっ、 いい事だらけでもなく ワンコ達なんか時には言う事聞かずでヤンチャくれすることもあるし 馬なんか何か機嫌が悪かったりすると バコ~ン!と あの大きな首で ひっぱたかれたりもしていますけどねっ(苦笑)。

Follow me!