新型コロナ 感染対策についてのお知らせ、


ワクチン普及とともに一旦感染者数の減少をみても 次期”冬”以降の感染状況が分からなくなりつつある現状です。 イスラエル シンガポール 等の状況により ワクチン2回接種も万能ではないことが分かってきました。   当院では 昨年2月以来実施の 大規模強力な換気体制 多カ所の頻繁なる消毒拭清 間隔を空けた予約診療 等 強力な感染予防対策を 緩めることなく継続しています。 


当院では テレビ・メディアより大きく先んじて 海外からの知見により2020年2月から 厳重なる感染予防体制を布陣し続け、国立感染症研究所発表 飛沫を伴う診療行為の指針に基づき N95マスク + フルフェイスシールド + 防護予防着 での診察となっています。 診察場全体は最大限なる抜群な換気体制をとり ほぼ屋外と同じ状況下での診察となっています。( 外気を温度調節しています、詳細は 診療予約のページ記載 随時更新中です。)

昨年秋以降 世相を反映して 診療時にマスクを外されることを気になさる方がホトンドな様子です。    当院では 診察時 患者さんの左上頭上から 患者さんの前面前方屋外へ 常に膨大大量な温度調節された外気が流れ続けています、当 診察室内に限っては 診察時に患者さんがマスク無しで病状の説明とかを話されるのは ほぼ問題ないと考えられます。  また 術者はN95マスクとフェイスシールド装着となっており 万万が一に術者が無症状な感染者となっていても患者さんへの伝搬は起こりえないと全世界の膨大な実例が証明しています。   尚、当院すべてのスタッフのワクチン接種は5月上旬頃までに完了しております。( 医療従事者枠接種がほぼ完了したのを待って 公表させていただきました。)

Follow me!